東方神起と出会えて毎日がシアわせ☆ そんな東方神起づけの日々を語り綴るジュンスペンのブログ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


韓国旅行レポを姉がなかなか書かないので代わって妹が書きます。
 
姉の方が仕事楽なはずなのになぁ・・・。。
先月の残業は60時間でした。
真面目につけたら100時間はいってると思います。世の中厳しいですね。
 
 
一日目(二泊三日)
まず姉と母はツアー旅行を申し込んでいて午前中に日本を出発。
 
 
私妹は
仕事の関係で参加を直前に決めたため一人、飛行機とホテルと別々の予約。
 
姉が手配してくれました。
普段は何もしませんがこういうこと(←遊ぶこと)は姉の方が得意です。
 
出発日も仕事があり夕方の便で出発。たしか仁川に7時半ごろに到着。
 
1ヶ月ほど前のことなので記憶があいまいです。
 
ホテルまで自力のためリムジンバス乗り場へ。
海外初の一人旅でかなり不安でしたが空港をでてすぐチケット売り場もバス乗り場もありました。
 
タクシーは仁川からソウルまでは50㌔ほどあり高いので、カルリムジンというバスに乗りました。
14000W(約1200円)でソウルのいくつかのホテルを周り再び仁川に戻ってきます。
座席は3列でかなりゆったり座れました。
バスにも無事乗れ緊張が少しとれたころ姉から
「○○(妹)のホテルのロビーで待ってるよ~」
とメールが。
 
 
乗車するときに運転手に行き先のホテル名が書かれたバスチケットを見せます。
20人ほどいましたが3つのグループと私と同じく一人旅のインド系の男の計5組で5つのホテルしか停まらないようでした。
私はロッテシティホテル・マポ
という2つ目のホテルでした。
 
 
たしか約60分くらいでソウルの町並みに。
停車するホテルのアナウンスが各ホテル前で流れるのですが、1つ目でインド系の男が下車。
2つ目は・・・と思いきや違うホテルのアナウンスとともに1つのグループが下車。
 
バスの運転手のおっさんが私のホテルを飛ばした様子。
 
 
あせった私はグループの後に続いて降りトランクを出し終えたおっさんに猛抗議 
『ロッテシティホテルはどうした!?何飛ばしてんねん(怒)』
 
もちろん日本語でです。
 
チケットを見ておっさんはようやく自体に気付き
『ごめんね、今から行くよ~!!汗っ汗っ』みたいな感じだったので許してやり再び乗車。
 
次は・・・またも違うホテル。そして残っていたグループが下車。
後回しかよ!と思いながらもこちらに向かってまた謝っている様子だったので許してやりました。
 
そしてやはり残りのグループも下車しバスに一人…
おっさんは運転しながらも謝りしゃべりかけてきましたが意味がわからず適当に対応。
やっとホテルに到着。時間にして30分のロス。
別れ際にも謝っている様子のおっさんに
『カムサハムニダ~』と許しの言葉をかけてやりロビーへ。
 
ロビーでW杯を見ている姉と母の姿を見て、一人旅が終わったなとホッとしました。
チェックインを済ませ部屋へ。ダブルルームでしたが広くてキレイでした。
 
9時30分ごろ荷物を置きすぐさま出発。 
タクシーでアックジョンのTIME OUTへ。10時ごろ到着。
 
time out
 
閉店してました・・・。(泣)
 
 
後ろでお姉さんが片付けてますが、たった今閉店したとこのようでした。。
 
『TIME OUTだけにタイムアウトやな!』←人の不幸がうれしそう
さすがシアペンという感じのおやじギャグを・・・
 
「あと30分早かったらねぇ…」
 
 
くそっ!!あのおっさんのせいで!!カムサハムニダ返せ!
と再び怒りが・・・
 
ユチョン・・・

yuchun 

どうでもいいですが
前回の姉&G氏との韓国旅行でTIME OUTに来たときも、
今年一番の腹痛でアイス食べてる場合じゃない体調のときに訪れました。
私とTIME OUTは相性が悪いようです。(ユチョンでなく)
 
 
まぁいいか!ここのアイスあんまり好きじゃないし!←ちょっと強がり
サクッと切り替え夕飯へ。
 
タクシーで5分程離れたユノおすすめのコギコギへ。
 
サムギョプサルのお店でおいしくて安いです。
豚肉はいろいろな味があるのですがハーブがおいしかったです。
他にクッパもおいしかったです。
3人食べて飲んで(母のみcassというビール)41000W(約3700円)くらいでした。
 
kogikogi

ビールは母いわく
「味が薄い。発泡酒みたい。」
たしかに日本の方がおいしいと思います。
 
 
そして次はジェジュン行きつけのゴセンへ。
 
 
コギコギを出て右向きにまっすぐ道を進むとまずコンビニが十字路の角にあります。
そこに立ち寄ったのですがレジのお兄さんは普通にアイスクリームを食べてました。
おそらく彼は仕事中です。
私が商品をレジに持って行くとアイスクリームをトイレットペパーの芯の穴に立てて置きレジ打ちを。
商品とお釣りを私に渡すと再びアイスクリームを食べはじめました。
おそらく彼は仕事中です。
韓国の勤労感覚がわかりません。
 
母と「ありえへん!!」と話しながらゴセンへ。
姉は行き方を地図みて探してました。
 
かなりざっくりですがコギコギを出て右を向き道をしばらく進みます。
行き止まりを右手に見える大きな道まで出て左を向くと急な上り坂の道が見えます。
その上り坂を上った右手側にあります。
 
コギコギから歩いて10~15分くらいでした。

goshen 

おしゃれなカフェバーみたいな感じです。日本にあってもおかしくない雰囲気のある店でした。
 
店内はけっこう暗いです。
値段はけっこう高いです。
日本並にします。
ドリンク3つとケーキとワッフル(姉と妹はデザートは別腹です。)で59000W(約5300円)。
夕飯より高いという・・・
 
 
雰囲気はおしゃれなのですが店員を呼ぶボタンがテーブルの角についていて、押すと 
「ピンポ~ン~」
とコンビニに入店するときのあの音がしかも大音量で流れます。
 
店の雰囲気ぶち壊しなんですが誰も気にしてません。むしろ気にならない様子。
母とまたしても「ありえへんなぁ~!?」と話しながら店内を観察。
細かいことを気にしないのはお国柄でしょうか?
 
そのころ姉は携帯でひたすらジュンスが今どこにいるのかを調べてました・・・
こんなそばにも大音量が気にならない人がいてました。 
 
味はボリュームもありおいしかったです。

goshen 

ワッフルは食べ散らかした後ですが、おいしかったです。二人分くらいの量でした。
 
 
そして帰りは姉&母はロッテホテル
私妹はロッテシティホテルと別のホテルのためそれぞれタクシーに乗り一日目終了。
 
どちらもロッテ系列のホテルですが知名度(タクシーの運転手の)が雲泥の差でした・・・。
 
乗ったタクシーの運転手は携帯でいろいろ電話をかけて調べてくれました。
結局ホテルに電話して場所を聞き出発。
近くについてから再びホテルに電話をしてやっと到着でした。。
 
こんな感じで一日目が終了。
 
そして二日目は母&妹が姉に振り回されるプランだったのですが長くなったので次回にします。
 

読んでいただきありがとうございました。


 

スポンサーサイト
2010.08.01 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。